CONTACT

The Innovative-Collective Management

2020年4月1日よりレスターホールディングスは、会長や社長等の役職者がいない、複数の代表者による今までにない新しい形態の経営体制へと移行しました。

なぜ、経営体制改革が必要なのか?

「革新的グループ経営」体制とは?

2020年4月1日にスタートした「革新的グループ経営」体制は、以下の特徴があります。

複数の代表取締役によるグループ経営
会長、社長等の役職は置きません。(フラットな経営集団)
※体制が完成するまでは暫定的にCEOを配置

代表取締役全員が、理念・ビジョンを共有し一体となり、
経営全体とグループ重要事項に責任を持ちます。
執行責任者全員が代表取締役となります。
「グループ戦略会議」で、経営戦略や執行について
機動的に議論します。
「グループ戦略会議」は、業務執行取締役で構成され、必要に応じて追加メンバーを招集します。

短期、中長期のグループ経営戦略や重要な事業戦略、事業間シナジーについて議論します。
「グループ戦略会議」で、経営戦略や執行について
「アドバイザリーボード」が、各戦略のアドバイス、
意思決定のサポートを行います。
「アドバイザリーボード」は、エレクトロニクス業界をはじめとする、各界の企業経営に関するスペシャリストによって構成されています。
取締役会のスリム化
取締役会のスリム化によって、意思決定のスピードを上げます。
従来の取締役会権限を他機関に大幅に移譲することによって、取締役会をミニマイズし、意思決定のスピードを上げます。
取締役会のスリム化
監査等委員会、グループ指名報酬委員会によって、
コーポレート・ガバナンスの充実を図ります。
監査等委員会は、法務・会計・経営等の高い専門性を有する者と独立性の高い社外取締役で構成されます。

独立社外取締役を委員長とするグループ指名報酬委員会によって透明性の高い取締役の評価を行います。
監査等委員会、グループ指名報酬委員会。

今後、レスターグループは、「革新的グループ経営」体制のもと、更なる多様な事業展開を実現し、グループの継続的な発展、企業価値の向上を図っていきます。

参考:2020年2月27日プレスリリース
「革新的グループ経営」体制移行に関するお知らせ