CONTACT

INVESTOR INFORMATION

IR 基本方針

当社は、株主・投資家の皆様の事業発展に向けた重要なパートナーであるとの認識に基づき、経営の透明性、公平性、健全性を確保した上で、持続的な企業価値の向上を図っていくことを経営における最重要課題と捉えております。

株主・投資家の皆様との長期的な信頼関係を構築するために、以下の基本方針に基づき、IR活動を実施いたします。

  • 1. 迅速かつ公平な情報開示を行います。
  • 2. 正確かつ継続性に基づいた情報開示を心がけます。
  • 3. 分かりやすい説明に努めます。
  • 4. 理想的な双方向コミュニケーションの実現を目指してまいります。
  • 5. 企業の社会的責任(CSR)並びに社会の持続的な発展(SDGs)の観点から、IR開示方針の社内における周知徹底に努めます。

情報開示の基準

当社は、以下の企業情報を開示すべき重要情報と位置づけております。なお、決算期日から決算発表日までの期間は、市場参加者からの決算・業績内容に関する取材・お問い合わせ等については、対応を控えさせていただきます。

  • 1. 東京証券取引所の定める適時開示規則等により開示が必要とされる情報。
  • 2. 適時開示規則等には該当しないが、株主・投資家の皆様に当社の現状並びに将来に対して理解を深めていただく上で有用と思われる情報。

情報開示の方法

適時開示に係る情報の開示は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)に公開します。また、TDnetにて公開後は当社ウェブサイト上にも速やかに同一資料の掲載を行い、広く社外への情報発信に努めます。

また、当社ウェブサイトのIRページにおいて決算資料をはじめとした各種資料の他、業績のハイライト、IR活動スケジュール、株式事務のご案内、問い合せ窓口などをご覧いただけます。

情報開示のフロー

当社の適時開示に係る社内体制の概要は以下の通りです。

情報開示のフロー図

免責事項

1. 将来予測について

当ホームページに掲載されている情報には、当社及び当社グループ各社の業績や将来の見通しに関する記述が含まれております。これらは、現在入手可能な情報に基づき作成されたものであり、実際の業績や将来の見通しは様々な要因により大きく異なる結果となる可能性があることにご留意ください。

2. 投資判断について

当ホームページは投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定は利用者ご自身の判断において行われるようお願いいたします。

3. 当ホームページについて

当ホームページへの掲載情報については最新の注意をはらっておりますが、それらの情報や当ホームページをご利用されたことによって生じたいかなるトラブル及び損失、損害に対して、当社は一切の責任を負うものではありません。