CONTACT

未来の農業を担う、植物工場の挑戦。
バイテックベジタブルファクトリーの展望

レスターグループは多様な事業展開とパートナーとの共創を通じ、社会課題の解決を推し進めています。その1つが、大規模な植物工場事業を展開し、SDGsの取り組み(持続可能な開発目標)にもつながる挑戦を続ける、バイテックベジタブルファクトリーです。代表取締役社長の原田が、事業内容と今求められている、新しい農業の形を話します。

プロフィール

株式会社バイテックエネスタ 代表取締役社長

原田 宜
株式会社レスターホールディングス 代表取締役
株式会社バイテックベジタブルファクトリー 代表取締役社長
国内大手メーカーにて海外半導体の輸入業務、海外勤務を経て、当グループに入社。バイテックシステムエンジニアリング(※1)代表取締役社長、バイテックグローバルエレクトロニクス(※2)取締役を歴任。その後、バイテックベジタブルファクトリーに参画し、植物工場で生産されたレタスの業務用市場に向けたマーケットを開拓。植物工場において、日本最大級の供給体制を確立する。

※1 現在の株式会社プリバテック。PCIホールディングスグループ。
※2 現在の株式会社レスターエレクトロニクス。

天候に影響を受けず、安定供給、無農薬。工場野菜のメリット

バイテックベジタブルファクトリーは、農業従事者の高齢化による労働力不足、食糧の安定供給といった、現代農業の課題解決の糸口となること、また、食品業界という新しいマーケットへの挑戦として、2015年に設立されました。
2016年に当社第1号目となる植物工場が稼働し、2018年までに全国で5工場が稼働。レタスを中心に工場野菜の生産と販売を行い、国内最大の供給量を実現しました。さらに、進行中の第6工場では、当グループのエレクトロニクス技術を集結させ、これまでにない新栽培工法による全自動栽培を予定しています。

災害対策に。求められる「分散型エネルギーシステム」への変革と、発電所の「自立運転機能」

植物工場の野菜は、太陽の光を浴び、土と水により育てる「露地栽培」と異なり、LEDライトを照射する「水耕栽培」により植物を育てます。
工場野菜には様々なメリットがあります。まず、「天候に影響を受けず、通年で安定供給ができる」こと。それから、光や温度、栄養分など、植物に最適な環境を整えて生育スピードを加速させ、「露地栽培に比べて、短期間で収穫できる」ことが挙げられます。完全閉鎖型の環境のため、「農薬が不要で、虫がつかず、安全・安心」であることも大きな特長です。

「中食」マーケットに業務用レタスを販売、新たなマーケットを創出

植物工場の野菜が持つ特徴を最大限に活かす販路として、私達が見出したのがコンビニエンスストアやスーパーで販売される、サラダやサンドイッチなどの「中食(なかしょく)」に使われる業務用のレタスです。植物工場の野菜には虫と農薬がつかないため、食品加工の際に洗浄の工程を大幅に省くことができます。

他の植物工場でも工場野菜は生産されてきましたが、主な販路は、一般の消費者が購入するスーパーでした。多くの植物工場の栽培規模では、中食の業務用レタスで必要とされる大量生産に対応できないからです。

当社では早い段階から、短期間で複数工場を立ち上げ、既存の栽培手法と量産技術を発展させ、大規模供給ができる体制を作り上げました。また、植物工場の建設を進めていた頃、台風などの異常気象の影響を受け、食品業界が安定的な野菜供給を模索し始めました。そうした背景もあり、中食のマーケットで天候に左右されない植物工場の野菜が注目され、新しい市場の構築につながっていきました。

災害対策に。求められる「分散型エネルギーシステム」への変革と、発電所の「自立運転機能」
バイテックベジタブルファクトリー開発の新しい栽培方式

お客様も、植物工場の野菜を使用するのは初めてのところが多く、当社の衛生管理生産体制の構築には、大変な努力が必要でした。お客様の要求する安全衛生体制を確立し、社内基準策定のため、国際認証であるGLOBALG.A.P.(Good Agricultural Practice)を取得しました。業務用のレタスの生産にあたり、食品加工会社の衛生レベルを徹底的に工場に取り込み、露地野菜に比べて柔らかい植物工場のレタスに適した洗浄工程をお客様と一緒に試行錯誤しながら、生産のシステムを作り上げてきました。

植物工場のさらなる広がり。新しい農業による、地域への貢献

農業全体にまで視野を広げると、世界的に注目されているSDGsの取り組み(持続可能な開発目標)における、食糧の安定確保、持続可能な農業の推進という大きな課題があります。食糧危機への対応まで考えていくと、将来的には、植物工場事業においても、より多彩な品種の栽培が求められるようになります。

それから、少子高齢化による農業人口の減少、食糧自給率の低下といった、日本の農業が抱える悩みにも貢献すること、また、当社の植物工場を地元の方達が運用する、フランチャイズ化の計画も進行中です。地域雇用の活性化に植物工場が貢献することを目標としています。

エレクトロニクスの技術を活かす、未来の農業の可能性

こうした課題に応えるためには、技術的にもさらなるチャレンジが求められます。当社は設立時から、グループ内のエレクトロニクスの技術を活用し、外部企業と協力して量産技術を確立してきました。AI技術、IoT など、最先端のテクノロジーが植物工場の栽培管理や品質管理、工程管理などに採用され、生産効率の向上に活かされています。

工場野菜においては、単純に露地栽培の真似をするのではなく、人工の環境で育つのに適した栽培方法を研究し、改善を重ねていくことが大切です。さらに、今までに存在しない、「新しい野菜」を生み出すことができるのも植物工場の将来目標です。技術的には、栄養価が高いサプリメントのような野菜を作ることもできます。また、栽培環境のコントロールにより、ヨーロッパや南米など、海外で育つ野菜の生産もスタートしています。

植物工場事業は、当グループのエレクトロニクスの技術を、食品業界という新しいマーケットに展開しました。今後も、「外食」マーケットへの参入や、植物工場の海外展開、様々な品種の開発を計画しています。国内外の企業や研究機関、自治体と広く連携をとり、技術革新を続けるのと同時に、常に新しいマーケットを創造し、発展していくことを目指しています。

地方自治体との連携を重視。レスターグループ内のV-Powerとの共創も