CONTACT

NEWS

ニュース

2022.01.14

IR

コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)ファンドを通じた株式会社ペダルノートへの出資に関するお知らせ

株式会社レスターホールディングス

 

 株式会社レスターホールディングス(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:今野 邦󠄁廣󠄁、以下「レスターHD」)とSBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:北尾 吉孝)の100%子会社であるSBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:川島 克哉、以下「SBIインベストメント」)は、2021年7月にCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)ファンド「Restar-SBI Innovation投資事業有限責任組合」(以下「本ファンド」)を共同で設立(※)し、その出資第1号案件として、株式会社ペダルノート(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:小原 芳章、以下「ペダルノート」)へ出資(以下「本出資」)を行いましたので、お知らせいたします。
※:当社2021年7月15日付リリース、「レスターホールディングスとSBIインベストメントによるコーポレートベンチャーキャピタルファンドの共同設立に関するお知らせ」、https://www.restargp.com/news/2709/、参照2022年1月14日

 

1.本ファンドについて
 レスターHDは、「世界・社会貢献・共創と革新」の経営ビジョンのもと、「半導体及び電子部品」「調達」「電子機器」「環境エネルギー」の事業を展開しております。多様な事業領域の中で、情報・技術を活用した付加価値の創出、パートナー企業との共創、革新的なサービス、グループでのビジネスや人材、ノウハウの相互活用によるシナジー等によって、あらゆるニーズに対応できる「エレクトロニクスの情報プラットフォーマー」を目指しています。
 本ファンドは、SBIインベストメントが有する多様なソーシング機能と豊富な投資経験を活用し、「DX」及び「医療・介護」分野を中心に中長期的な視点で戦略投資を行います。少子高齢化が進む中で、労働人口の減少による労働力不足と高齢者の増加による医療費増大は大きな社会課題となりつつあります。これらの社会課題を解決すべく、スタートアップ企業等の外部の優れた知見・テクノロジーを協業や共創を通じて取り入れ、レスターHDとの事業シナジーの創出ならびに新しい事業への創造を推進してまいります。
 本ファンド設立後、SBI インベストメントが有する多様なソーシング機能を活かし、様々なベンチャー企業への出資可能性を検討しており、このたび第1号案件としてペダルノートへ出資を実行いたしました。

 

2.ペダルノートについて
 ペダルノートは2014年の創業から盗難された「自転車」や迷子になった「ペット」の捜索を独自のIoT-SaaS型サービスを基にしたインフラにより、”見つかる・協力する”ことに取り組んでまいりました。自転車などを「探す」技術を応用することで医療機関での医療機器の利用場所を管理特定する「探さない」サービスを開発し、事業領域を医療分野に拡大しました。
 常に現場目線の挑戦を続け、新しい体験を提供するとともにこれからの時代の変化に合わせた価値創造を目指すスタートアップ企業です。

 

サービスイメージ:ペダルノート、『もう、探さない』をコンセプトに医療機器を管理して医療現場をサポート

3.本出資について
 ペダルノートの取り組みは医療分野における省力化・効率化に貢献するとともに、レスターHDとの将来的な協業を通じて、更なるサービス品質の向上や新たな価値提供、事業拡大が期待できます。ペダルノートの第三者割当増資を本ファンドが引き受けることで、ペダルノートの技術職などの人材確保や運転資金の拡充等、事業基盤強化に繋げ、新たな価値創造を支援してまいります。
 なお、本出資が当社の業績に与える影響は軽微であります。

 

【会社概要】
■株式会社レスターホールディングス
所在地:東京都品川区東品川3-6-5 代表取締役CEO:今野 邦󠄁廣󠄁 資本金:43億83百万円
グループ概要:「情報と技術で、新しい価値、サービスを創造・提供し、社会の発展に貢献する」という経営理念を掲げ、世界中の課題を解決する「エレクトロニクスの情報プラットフォーマー」を目指す。事業間シナジー及び外部パートナーとの積極的な共創や資本業務提携等による多様な事業展開、技術領域の伸展、持続的な規模拡大を推進。

URL:https://www.restargp.com/

 

【お問合せ先】
レスターホールディングス 広報・CSR部/IR部 電話:03-3458-4618 E-mail:pr-hd@restargp.com

一覧へ戻る